エトワールのゲーム日記

ゲーム・やりこみに関する雑記です

天空の剣

今話題のミルド2-1における「天空の剣」のお話を少しだけ。
自分はレックスに「天空の剣」を持たせてましたが、それの理由は以下です。

■ミルドの「マホカンタ」は飛んだら飛んだでそれでよい(勝手に切れるまで待つという選択肢を取ることも)
■レックス「天空の剣」でも問題無く勝てる
■レックスの「天空の剣」をアプールに渡すとなると受け渡し時に僅かながらロスが発生する
■レックスが「天空の剣」を持てば道具欄の1番目にくるのでボタン連打で使用可能
■イブール戦ではレックスの道具欄の1番目が「天空の剣」・3番目が「天空の盾」であり、ミルド戦においてもこの配置と同じになるようにしたかった(操作ミスを減らすため)
■アプールだと最大HPが170に到達することが少なく、「フバーハ無し灼熱」1発で落ちる可能性がある
■アプールの仕事を「緊急時の蘇生役」のみに限定することでアプールが落ちにくくなり、入れ替えの頻度も下がるのでタイム短縮に繋がる

以上の理由によりレックス天剣になりました。
ミルドの「マホカンタ」は飛んだら確かに危険だけど、飛んでも問題無いように振舞えばOKです。
例えば「マホカンタ」を使われてレックスが「天空の剣」を使えないという場面では主人公を必ず防御させるとか。
これだと攻撃の手数が減ってマイナスに見えるけど、ミルド戦における主人公は「生き続けること」が安定にもタイム短縮にも繋がると思うから、これにより戦闘速度が落ちているということはないと思うんですよね。




あと、某所で驚かれた(?)のがミルド2-1の「波動+マホカンタ」時の対処。
他のプレイヤーさんはこの後レックスに「天空の盾」を使っているようですが、僕は「フバーハ」を使っていました。
あれ?なんでこれそんなに異端なの?(´・ω・`)
僕がこの場面で「フバーハ」を選択していた理由は以下です。

■この後「灼熱」が飛んでくる確率は50%だが、「イオナズン」が飛んでくる確率は25%と低い
■この後「灼熱+イオナズン」が飛んできたとしてもまず誰も落ちない(直前のターンに一切攻撃が無く全員のHPは全快に近いはずだから)
■この後「打撃+イオナズン」が最後尾のレックスにささって落とされたとしても、他3人に「フバーハ」がかかっているので波動誘発が可能(直後にアプールが出てレックスを蘇生すればよい)
■サンチョの装備が「魔人の鎧」ではなく「刃の鎧」なので「フバーハ」をかけないと受けるダメージが大きい

うーん、そこまで悪い選択をしているとは思えないのよねぇ。
目先の「灼熱」ダメージを軽減するのが主な狙い。「灼熱+波動」なら結果的に得。
「灼熱」や「打撃」のみで止まったら「天空の盾」を使うという選択肢も取れる。(直後に「マホカンタ」飛びの可能性があるから少々危険だけど)

「波動+マホカンタ」→「灼熱+イオナズン」(ピエール石先制)だと全員のHPがひどいことになるからこれはかなり危険だけど、「世界樹の雫」があればそれでリカバリできます。
というかそのために「世界樹の雫」を残しているようなものだったからねぇ。
「世界樹の雫」が無い場合でも、主人公は防御しているはずなのでそれなりにHPが残っているし、ピエールは「打撃」以外ならまだ落ちないので、ここからさらにピンポイントな攻撃が続かない限りは負けないと思います。




しかしこれだけのリスクがあるのならアプール天剣もいいなぁと思えてしまう。
今までアプール天剣を実際に試したことはありませんでしたが、総合的にはアプール天剣の方が優れているかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2011年10月14日 02:02 ] PS2DQ5・RTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エトワール

Author:エトワール
元ゲームやりこみ勢。
最近は艦これ、アイギス、FEHなどで遊んでます。twitterはこちら

アクセスカウンター