エトワールのゲーム日記

ゲーム・やりこみに関する雑記です
エトワールのゲーム日記 TOP  >  DQ9・RTA >  バラモスレベル1撃破RTA・ボス戦術

バラモスレベル1撃破RTA・ボス戦術

まず、昨日のホイミテーブルの乱数が何故かズレてたというお話から。
昨日使ったテーブルを逆算して辿ってみたところ、単純にメタスラ単体エンカ1回分の乱数を移動させ忘れてたみたいです。
紙にはばっちりメモしてあるんだけど乱数テーブルは移動させてなかったというね。
お騒がせしましたー。




今回はぬしさま2とバラモスレベル1の戦術()についての解説です。
先に言っておきたいのですが、はっきり言って運ゲー感は否めません。
しかしレベルを上げてSPを稼いだり、パラディンを導入したり、僧侶をレベル38にして「ベホマラー」を覚えさせるようにするよりかは、そこそこ勝率のある現戦力のままリセゲーをした方が期待値的には早いだろうと考えております。

スキル振りに関しては昨日も書いた通り、

<スキル振り>
キャラA:剣13→とうこん32→おたから16→とうこん82→盾18
キャラB:きあい16→剣3→剣13→とうこん82→剣42
キャラC:まほう8→剣13→とうこん4→フォース82→盾18
キャラD:まほう8→剣13→とうこん4→ゆうかん90→盾18
※キャラBには「スキルの種」を2個使用

といった感じで、通常RTAとほぼ変わらない戦術で挑みます。
変わっていると言えば、魔戦3人が「大防御」を習得していることと、バトマスBが「剣攻撃力+20」を習得していることくらい。
この2点だけは超重要。




●ぬしさま2(HP3520)
<予備知識>
相手の攻撃が激しすぎるので普通に戦っているとお話になりません。
完全2回行動で、打撃は約80ダメ、津波・薙ぎ払いは全体約80ダメ、痛恨は約240ダメ受けるのでかなり手強いです。
(参考までに、こちら4人のHPは大体240・240・180・240)
「スクルト」があれば幾分か楽になるでしょうが、パラディンレベル26にならないと覚えられないため、とてもではないですが手が届きません。
また、「ベホマ」・「ベホマラー」などの呪文もありません。
全体攻撃対処のために「ベホマラー」が欲しいところですが、僧侶レベル38まで上げるというのはさすがにロスが大すぎると言えるでしょう。
よって、勝率が50%ほどある現戦力のまま挑むのが最良かと思われます。多分。笑
(初回のバラモス撃破RTAでは2戦目で撃破、昨日のバラモス撃破RTAでは一発撃破)


<戦い方>
用意するアイテムは「特薬草」複数と「世界樹の雫」1個です。これだけあればOK。
狙うは「SHT+すてみ+無心こうげき」&「HT+すてみ+無心こうげき」。この2発で倒せます。
ぬしさま2には弱点が無いのでフォースは使用しません。
また、「ルカニ」は安定しないので使用しません。
ちなみにBの「剣攻撃力+20」が無いと、上2つの攻撃では倒しきれません。
乱数次第で倒せることもあるかもしれませんが、逆にこれがあるとほぼ確定で倒すことができるようになります。

【1ターン目】
CとDが前列で「大防御」をします。
ぬしさまの攻撃がこの2人に当たってくれればおいしい。
AとBはBのテンションを上げます。

【2ターン目】
1ターン目にぬしさまの打撃がC・Dに集中してくれた場合はほぼ無傷なので1ターン目と同じように行動します。
1ターン目に全体攻撃をくらったりしてAとBがピンチの場合は、Aを唯一前列「大防御」させ、CとDが「特薬草」を使って回復させるようにします。
うまくいけばこのターンを乗り切れるはずです。ダメだった場合はリセットします。
Bは「ためる」か「防御」のどちらかを選んでおけばいいでしょう。

【BがSHTになったら】
BがSHTになったら「すてみ」を使います。
他3人は「前列大防御」か「特薬草」を使ってうまく凌ぎます。

【BがSHT攻撃を撃つターン】
このターンは前から順番に「前列大防御」・「無心こうげき」・「前列大防御」・「先読み世界樹の雫」と行動します。
このターンの「先読み世界樹の雫」がポイント。
雫を使う理由は、このあと大ダメージを受けたぬしさまが高確率で怒り狂い状態になるからです。
ここで全員のHPを全快するようにしないと「かばう」を覚えているDがBをかばいきれません。

【その次のターン】
このターンは前から順番に「Bをおうえん」・「ためる」・「先読みでDに特薬草」・「Bをかばう」と行動します。
ぬしさまは怒り狂い状態になっており、しかもBは「すてみ」がかかっているので打撃2発をくらうと非常にまずいです。
よってDがかばいます。

【ラストターン】
このターンは前から順番に「Bをおうえん」・「無心こうげき」・「唯一前列大防御」・「Bをかばう」と行動します。
主人公とBが生き残ればこのターンに倒せるはずです。




●バラモスレベル1(HP6500)
<予備知識>
ぬしさま2と比べて完全2回行動ではなく1~2回行動と、若干ぬるくなっているように見えますがそう見えるだけです。笑
ぬしさま2よりHPが3000ほど高く、打撃で約160ダメ与えてきて、灼熱で全員に約120ダメ与えてきて、痛恨で約360ダメ与えてくるという超強敵です。
3のバラモスとは比べ物にならないほど強くなっています。
行動パターンの中でぬるいのが「メラゾーマ」と「イオナズン」でしょうか。
「メラゾーマ」は1人に約100ダメージ、「イオナズン」は全体に約80ダメージといった感じで比較的ぬるめです。
しかし勝率は15%あるかないかといった感じなので、撃破にはかなりの試行回数を要します。
(初回のバラモス撃破RTAでは9戦目で撃破、昨日やったバラモス撃破RTAでは4戦目で撃破)
(初回のバラモス撃破RTAでは戦術が拙かったので8乙しています)


<戦い方>
必要なアイテムは先程と同じで、「特薬草」複数と「世界樹の雫」1個。
狙うは「SHT+ルカニ1+すてみ+アイスフォース+無心こうげき」&「HT+ルカニ1+すてみ+アイスフォース+無心こうげき」です。
これで倒せますが、「ルカニ」の入る確率が25%とかそんな感じなのでこの時点でかなり勝率が落ちています。

【1ターン目】
やはりC・Dは前列で「大防御」です。
A・BはBのテンション上げ。
この時点で死者が出た場合は早々にリセットします。
ここでリセットしてもロスは1分半くらいで済むので大きなロスはありません。

【2ターン目】
1ターン目にA・Bがかなりの傷を負ってしまった場合はもうここで「世界樹の雫」を使ってしまいます。
その時の行動は「Bをおうえん」・「ためる」・「Bにアイスフォース」・「先読み世界樹の雫」。
ここでBがSHTになってくれないと相当きついです。
1ターン目の攻撃が全て大防御C・Dに当たっていた場合は「世界樹の雫」を温存します。
その時のC・Dの行動は「前列大防御」。

【Bが無事SHTになったら】
最低でも誰か1人は「前列大防御」させておきたいところです。
余裕のあるキャラが「ルカニ」を撃ち、それが効くことを祈ります。
Bは「すてみ」使用。

【SHT攻撃を放つ】
「ルカニ」が入っていればSHT攻撃で4300近くのダメージを与えることができるでしょう。
そうでない場合は3000近くのダメージになってしまうと思いますが、バトマスBの「ひっさつ」が溜まっている場合はすぐにHTかSHTになれるので撃ってしまいましょう。

【HT攻撃を放つまで】
ここからはDがBをかばうことも念頭に置きつつ、BのHT攻撃で撃破を狙います。
Cは暇なら「唯一前列大防御」させておきたいところ。
「ルカニ」がまだなら「ルカニ」を狙います。
ここまで全てが順調ならばHT攻撃でとどめになるはずです。


<昨日のRTAの撃破方法>
昨日のRTAでは「ルカニが途中で入る」・「Bのひっさつが溜まった」とかだったので、
「SHT攻撃+(ルカニ1HT攻撃)+(ルカニ1テンション5攻撃)」で倒すことができました。
3000+3000+550ダメージだったかな?
正直バラモスと戯れるのが久しぶりだったので戦い方がかなり下手くそでしたが、早い段階で倒すことができてよかったです。
今更だけど、痛恨が8ターン中4回とかだったのによく勝てたなーと思います。笑
スポンサーサイト
[ 2011年04月17日 13:36 ] DQ9・RTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エトワール

Author:エトワール
元ゲームやりこみ勢。
最近は艦これ、アイギス、FEHなどで遊んでます。twitterはこちら

アクセスカウンター