エトワールのゲーム日記

ゲーム・やりこみに関する雑記です
月別アーカイブ  [ 2016年12月 ] 

ポケモンSM アローラビギニング

サンムーン初のインターネット大会である、アローラビギニングに挑戦してきました。



結果から報告すると45戦全て行って、34勝9敗2被切断でした。最終レートは、最後に切断されたのがレートに加算されるのであればおそらく1823、加算されず現状維持扱いになるのであれば1811です。



※追記(12月20日)
アロビギ順位

34325人中16位でした。
※追記ここまで





<アローラビギニングの特別ルール>
・ソルガレオやルナアーラなどの特別なポケモンも1匹までなら使える
・持ち物を持たせられない



普通のシングルと違うのはこの2点ですね。前者は面白いと思いましたが、後者はどうなんだこれ・・・?って思いました。せっかくのアローラビギニングなのにZ技が使えないとか・・・。でもまあ襷やスカーフに怯える必要がないというのは嬉しいですね( ・´ー・`)




<特別なポケモンについて>
まずはソルガレオとルナアーラについて。ソルガレオとルナアーラだったらタイプ的にルナアーラの方が有利なのでこちらを選びたいところだけど、残念ながら自分はサンを買ったのでルナアーラを持っていない。おまけにソルガレオとルナアーラはお互いに同速。これだと仮にルナアーラを使えたとしても安定して勝つのは難しいだろう・・・ってことでこの2匹の採用は見送りました。実際にルナアーラめちゃくちゃいたしな・・・。



ネクロズマに関してはアレです。自分はED後デンジュモクを厳選したところで止まってるので間に合わなさそうってことで採用を見送りました。ソルガレオ&ルナアーラより遅くて扱いづらそうだったからという理由もあり。



マギアナに関してはアレです。持ってません┏(┏ ・´ー・`)┓



一方、サトシゲッコウガは性格厳選をするだけで容易に手に入れることができます。ソルガレオ&ルナアーラに上から有効打を持てるのも強いし、変化さえできればカプコケコだって抜けてしまう。地面枠として蔓延しているであろうガブリアスをワンパンできるのも強い。



てことで自分はサトシゲッコウガを採用することにしました。




<実際に使った6匹のポケモン>
アロビギPT




<6匹の詳細>
●カプ・コケコ
性格 :おくびょう
努力値:B4-C252-S252
特性 :エレキメイカー
わざ :10まんボルト/マジカルシャイン/リフレクター/ひかりのかべ


壁貼りCSコケコ。ほぼ毎回初手に出して、壁を貼っていきます。相手が物理か特殊かよくわからないような敵には素直に攻撃してうまくいくことをお祈り。今回のルールだと襷もスカーフも無いので初手コケコがかなり安定します。読まれやすいのが難点ですが、読まれても壁を貼れば最低限の仕事はできます。


基本的にはコケコを温存する必要はないです。場を荒したら交代はせず、そのまま見捨ててしまった方が安定します。ただし、コケコを温存しないと突破が厳しくなりそうな場合は交代も視野に入れていきます。


「マジカルシャイン」の枠は「しぜんのいかり」にしようか悩んでましたが、これは「マジカルシャイン」にして正解でした。というのも思っていた以上にガブが出てくる。後出しでても出てくる。「マジカルシャイン」でガブを削れるだけでもでかいです。当然「しぜんのいかり」の方が欲しい場面もあったけど、「しぜんのいかり」は10%の外しが存在するので安定面を考えたらやっぱり「マジカルシャイン」の方がいいかなと思いました。




●ミミッキュ
性格 :ようき
努力値:H4-A252-S252
特性 :ばけのかわ
わざ :かげうち/じゃれつく/シャドークロー/つるぎのまい


テンプレASミミッキュ。言わずとしれた「ばけのかわ」が強い。ソルガレオやルナアーラの専用技を除けばワンパンされる心配が無いというのが嬉しいところ。ちょっとした受けルチックなパーティが出てきても、展開次第では舞いまくって突破できることもあるのでその点においても強い。


あとカプテテフが相手PTにいる場合は是非とも出したいところ。ギリギリ上を取れるので安定して処理できます。


一方、ソルガレオやルナアーラにはギリギリ上を取られてしまうので、専用技でワンパンされてしまいます。しかし、「かげうち」を撃つことができれば少なくともルナアーラの方はゲッコウガの「あくのはどう」の圏内に入るはずなので、(サイコフィールドが発動していない限りは)ミミッキュが何もできずに負けてしまうということはないはずです。一方ソルガレオの方は1舞しないと無理なので、裏にソルガレオがいそうな場合は舞を意識していった方がいいです。




●サトシゲッコウガ
性格 :おくびょう
努力値:B4-C252-S252
特性 :きずなへんげ
わざ :なみのり/あくのはどう/れいとうビーム/くさむすび


CSサトシゲッコウガ。努力値振りも技もほぼテンプレ。一番安定しそうなのにしました。


基本的には変化して戦いたいので裏に置くようにします。そんでうまく削った相手に対して繰り出して、倒して変化。この時、技を撃つ際は相手の裏のポケモンをよく見てから決めるようにします。変なので受けられて倒しきれないと、逆転されてしまう可能性があります。


あと、「へんげんじざい」ではないので「れいとうビーム」や「くさむすび」を撃つ際も注意が必要です。例えばダダリンなんかが対面にいた場合は、タイプ不一致の「れいとうビーム」よりもタイプ一致の「あくのはどう」の方が威力が高いです。この辺はXYやORASに慣れてるとよくやらかします┏(┏ ・´ー・`)┓




●カイリュー
性格 :ようき
努力値:H68-A252-S188
特性 :マルチスケイル
わざ :げきりん/じしん/ほのおのパンチ/りゅうのまい


ご存知マルスケカイリュー。特性が強いため採用しました。壁との相性も良い。


Sに関しては「1舞で準速フェローチェ抜き」調整です。ここを意識しておけばサトシゲッコウガ、カプコケコなどの高速ポコも1舞で抜けます。なお、最速フェローチェに関してはSに全振りしても1舞では抜けないので諦めました。ちなみにフェローチェは無振りなら「ほのおのパンチ」で確1(最低乱数でも126%)なので舞わなくても倒せます。残りの努力値はHPに振って耐久の底上げ。


「ほのおのパンチ」はフェローチェにも刺さりますが、一番の採用目的はテッカグヤ対策です。このPTは全体的にテッカグヤが重いため、相手PTにテッカグヤがいる場合は必ずカプコケコとカイリューを出すようにします。残りの1匹は大体ゲッコウガが安定かな。




●ギルガルド
性格 :れいせい
努力値:H252-B4-C252
特性 :バトルスイッチ
わざ :かげうち/ラスターカノン/シャドーボール/キングシールド


テンプレ特殊ガルド。主にルナアーラ、ソルガレオ、フェローチェ、カプ系、パルシェンなどを見てもらうために呼んだんだけど・・・あまり出番はありませんでした。


というのも今回のルールだと、ガルドは見せ合いで置いとく方が強いと思った。お得意の「じゃくてんほけん」が無いので対面で倒せないポケモンが多くなってるし、どくまもガルドの場合だと「たべのこし」が持てないのでやはり実際のバトルに出すとなると厳しい。


しかし、相手側は何らかのガルド対策をして戦場に出てくることが殆どなので、そこをメタるようにすると有利を取りやすい。思えばこっちにはカプコケコもゲッコウガもミミッキュもカイリューもいるのに、相手側が執拗にガブを出してくれていたのはガルドのおかげだったのかもしれない。大体ゲッコウガのれいびワンパンか、カプコケコのマジシャ削りが効いて突破できることが多かったのでかなり楽に戦えた。


ゆえにガルドは守り神。アローラの守り神はガルドだったんや!




●ハッサム
性格 :いじっぱり
努力値:H252-A252-B4
特性 :テクニシャン
わざ :バレットパンチ/どろぼう/かわらわり/つるぎのまい


もともとはS20振りにして準速ガラガラ抜き調整を施してあったメガハッサムを調整して引っ張ってきました。今回のルールだと65族近辺で抜きたい相手はほぼいないのでSは無振りに→耐久UP


このハッサムも大体見せポケです。というのも何回か練習してて思ったんだけどハッサムで全抜きってすごく難しい。上から殴られてしまうことが多いし、「バレットパンチ」を半減以下に抑えてくるポケモンもかなり多い。あと今回の場合だとメガれないので耐久にも不安があり・・・と、出したら出したで負け筋を引くことが多かった。


しかし相手に対する選出拘束力はかなりのもののはず。ハッサムがいたら自分だって炎技持ってるポケモンを出したい、テテフがいればバレパン封じのためにテテフを出したい・・・。そこを逆手に取ってやろうというのがハッサムの存在意義です。炎ポケモンは現状強いのだとウィンディ、エンニュート、ガオガエンあたりしかいませんが、こいつらは全員ゲッコウガで上から殴り倒せます。テテフがいる場合はミミッキュで処理すればおk。でもってハッサムは出ない→有利を取れる、これがハッサムの採用理由です。


ただしハッサムが全く出撃しないかと言われたら答えはNOです。アシレーヌ・カプレヒレ・パルシェン・フェローチェを含むPTだとどうしても選出が苦しくなってしまうことが多いので、その時はハッサムの選出も考慮に入れます。特にパルシェンがいる場合は出したくなりますね。1破りでもう止まらなくなる。




<このPTで実際に戦って厄介だったポケモン>
●天然持ち+α
初手で天然ピクシーに「ちいさくなる」と「めいそう」を積まれただけで詰んだ回がありました。ピクシーに対抗できるのはギルガルドとハッサムがいるけど、お相手はバルジーナも擁しているガチガチの受けルPTだったこともあってどうにもならなかった。うーん・・・。対策するとしたら「どくどく」・・・なのかなぁ。ハッサムをどくはね型で採用していれば何とかなったかもしれない。でもそうすると他の勝ちを落としてしまいそうだし・・・まあ難しいよね・・・。



●マギアナ
硬いうえに大体がこちらの苦手なトリルを仕掛けてくる、タイプ一致で弱点をつけるポケモンもいない、ということでかなり重かったです。ギルガルドをもっと大事にして戦えばうまく捌けてた・・・かもしれない。てか現状だと強い炎ポコがいないのが問題なんだよな・・・。バシャーモー! はやくきてくれー!



●ルナアーラ
普通のフルアタルナアーラならどうとでもなるが、「めいそう」を持っている型だときっつい。大体がコケコ対面で勝負する羽目になるため、「ガンガン積まれる→以降択ゲー」となってしまう。ここから更に「はねやすめ」とか持ってるともう最悪です。1回それで大敗しました(´・ω・`)



●ミミッキュ
こちらは相手の「ばけのかわ」を貫通する手段を持ち合わせていないため厄介。目には目をってことでミミッキュを出しても結局は同速ゲーになってしまい、それで負けてしまった試合が2回ほどあった。あと、カイリューで舞って勝ちだなと思った試合があったんだけど、ミミッキュが「でんじは」を撒いてきてそこから負けたということもありました。そんな型もあるのか・・・って感じ><



あとは重いというわけではないんだけど、こちらが電気を無効化できるポケモンがいなかったのが結構痛かったですね。初手はコケコミラーになることが多かったんだけど、この時相手はボルチェン安定になってしまっていたのがよろしくなかった。




<感想など>
てことで久しぶりのポケモン大会でした。ブログ遡ってみたら最後に出場したのは約2年半前だったらしい。ほへー。


ミミッキュとかカイリューのダメージ感覚がよくわかってなかったので、実際のバトォ中にはダメ計しまくってました。カイリューの方はXYでも割と使ってたんだけど相手側の耐久がよくわからなくてな・・・。1舞じしんで残りHP6割のテテフを落とせるか不安になったり。テテフは耐久に振ってる人も多そうなのでその辺めちゃドキドキしながらバトォしてました。楽しかった。あとはミミッキュ対面のギャラドスとかね。威嚇でAが下がったり剣舞でAが上がったりでなかなかダメージ感覚を掴めなかった。


切断されたのを勝ちに含めればちょうど勝率は8割になりますね。この構築でこの勝率なら上出来だと思います。というか運に助けられた感が強い。ギルガルドとハッサムが大体見せポケになってたし、この辺をもっと良いポケモンで埋められていればもっと上にいけたかも・・・?
スポンサーサイト
[ 2016年12月18日 18:13 ] ポケモン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

エトワール

Author:エトワール
元ゲームやりこみ勢。
最近は艦これとアイギスで遊んでます。twitterはこちら

<艦これ>
・司令Lv120
・所属はパラオ泊地
・嫁は吹雪ちゃん(Lv155+運77)
・甲勲章8所持

<アイギス>
・ランク238
・無課金まったり王子

アクセスカウンター